今年もあと一日
- 2012/12/30(Sun) -
今年もあと一日となりました。

年末になると毎年同じこと思ってしまいます、、 アッとゆうまの一年だったと。

皆さまにとってこの一年はどんな年だったでしょうか?

私は山を始めてから10年間を一括りとしてこれまでの山行を思い返したりしています。

この10年、山からは言葉で言い表せないほどの大きな喜びをもらい、悲しみも癒してくれました。

    色々なことあったけど  そのぜ~んぶにありがとう!!


    IMG_368.jpg


今年も変わりなくこんな私にお付き合いしてくれた山友さんや

私のHPに訪れて下さった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

ブログにも拍手やコメント、暖かいメールを頂きありがとうございました。

     また来年もどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

        ではでは皆さま、良いお年を~~!!

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八丈岩山
- 2012/12/24(Mon) -
12月23日(日)

今年最後の山となったのは超近場の八丈岩山でした。

短距離、短時間の歩きでしたが取りあえず今年最後の山歩きの〆で~す。

この日は朝から用事を済ませてちょっと買物に出かけその足で図書館へ、

本をささっと見てお城の周辺を散策してお堀の鯉と遊びその足で男山に上がった。

うんうん、姫路城の眺め、なかなかいいやん・・

お城の修理が完成して囲いが取れる数年後にカメラを持って又ここへ来てみたい。

私、今年の秋、発見したんだ~ 

今更ながらだけどお城周りの紅葉の美しさを。。


IMG_364.jpg



IMG_360.jpg

お城を眺めて振り向くと反対側には八丈岩山も近くに見えています。

その後、図書館に戻り、車で八丈岩山登山口へ。



IMG_365.jpg

八丈岩山にて 高御位山が中央に見えてます

IMG_363.jpg

射光

IMG_366.jpg

山頂

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボケ桜・・・
- 2012/12/23(Sun) -
今年最後の〆の山は雪彦山か高御位山へ行くつもりが

朝から色々用事をしていたら遅くなってしまい行きそびれてしまった。

そこでまずは図書館に行きそこら辺を散策、この寒いのに桜が咲いていて驚いた。

ボケ桜!?狂い咲き!?もうちょっとマシな言い方はないものか。 


IMG_357.jpg
桜の花がけっこう咲いている


IMG_358.jpg


IMG_359.jpg


その後、図書館に車を駐車したまま男山へ上がった。 姫路城の撮影には最高の場所だ!



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
書写山
- 2012/12/17(Mon) -
今日は朝の用事を済ませたあと書写山に行ってきました。

書写山は10年ぶりかな、山を始めたころ仕事帰りにここでせっせと登る練習をしたなぁ~

以前はロープウェイ山上駅を往復するだけだったけど今日は円教寺まで行ってみた。

円教寺までの道中、何組もの山ガールの皆さんとすれ違った。

最近、何処の山でも(人気の山は特に)若い人が多いですね。


IMG_350.jpg



IMG_351.jpg



IMG_352.jpg



IMG_356.jpg



IMG_353.jpg



IMG_354.jpg



IMG_355.jpg
摩尼殿







この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
流星群見物のはずが・・
- 2012/12/14(Fri) -
皆さん、昨夜の双子座流星群は見ましたか?

ロマンチストの私くしめも?一応寒いなか夜空を見上げておりました。

ところが、な、な、なんと、もくもくと夜空に舞い上がる煙と炎 



え、わわわっ家事だ! 



もう気持ちは流星群どころではありません。

空気が乾燥しているこの時期、皆さん、お互い火の始末には気をつけましょうね。

あ~怖かった...



pm10:00ズームで  奥のビル?が炎で赤く染まっています
IMG_348.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
笠松山
- 2012/12/09(Sun) -
尾根で立ち止まっている団体さんをちょっとズームで撮ってみました。

私はこの山を ”加西アルプス” と名付けてあげたくなりました。
(もしかしてもともと加西アルプスと呼ばれているのかな・・?)


IMG_346.jpg


IMG_347.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |